とりあえず

デジカメ、写真、自転車(MTB)、スマホ、自作パソコン、DQMSLの趣味系ブログです。

SONYの高級コンデジ、RX100の買取価格を比較してRX100を売却。

良いところは沢山ありましたが、全然使わないので売却しました。
RX100の画質は確かに良いんですが、今はコンデジはSTYLUS SH-2、少し頑張る時はNikon1 V2、ちゃんと撮影に行くときはEOS Kiss X7iを持っていくので、使いみちがないんですよね。

起動が遅いし、AFも遅いし、近くの物にもなかなかピントが合わない(最新のRX100M4ではかなり改善していますが、価格が自分の手が出る価格帯では無いので関心が無い) 
本格コンデジなので、当然望遠側も短いですし・・・。
画質とコンパクトさはピカイチだったんですが、それだけだと意外に持ち出さないもんですね。
動画も最近撮らなくなってきたので、家に置いておいても無駄だし、だんだん買取価格も下がっていくし。
デジタル物は売るなら早い方が良いです。

自分が使っていたRX100は残念ながら、液晶面に傷が付いており、そのせいで減額されました。
でも、2万円以上で売れたので満足ですね。
一緒に持っていたEF50mm F1.8Ⅱは買取価格が2000円だったので、売るのはやめにしました。
レンズの中のホコリが多過ぎたようで(笑)
換算85mm?は自分的には全然使わないです。
でも、2000円なら自分で持っておいた方がまだマシ、と判断しました(一番高い買取価格で4500円。中古で買ったやつで5980円だったかな?)
これがEF-S24mmだったら、使いみちは沢山あるんでしょうけど。

仙台にあるカメラを買い取ってくれる場所は、カメラのキタムラ、ソフマップ、じゃんぱらあたりが優良店でしょうか?
(ハードオフとかセカンドストリートとかリサイクルショップは論外)

結局、選んだのは自分的には買取査定が優しく感じるじゃんぱら(たんなる自分の感覚なんで気にしないでください)。
RX00を売却する時に参考にしてください。



 

家族が使っているテレビが、B-casカードを認識しなくなってテレビが見れなくなったのでその対策。

よくある現象らしいですね
ネットで探してみると色々な解決法がでてきます。

うちの場合は、朝まで見れていたテレビをつけたらB-CASカードがテレビが認識できずにテレビが見れなくなりました。
以前もあったんですが、その時は電源コンセントを外して、一晩置いたら見れるようになりました。
今回も30分ほど電源コンセントを抜いて、様子を見てみました。
で、しばらくテレビが映ったんですが、また見れなくなる。

次に試したのがB-CASカードを抜いた状態で、電源コンセントを抜く。
これはテレビをリセット状態にする方法みたい。
こちらも30分ほど抜いて放置。 
で、テレビをつけてみるとテレビが映るようになりました。 

テレビがB-CASカードエラーから復帰して4時間程立ちますが、家族が普通にテレビを見ています。
まあ、解決ですね。

前回は、テレビを買った家電量販店に電話して、メーカーから修理のための人が来る日の朝にテレビが映るようになりました。
あわてて、テレビのメーカーに電話して、修理をキャンセル。
恥ずかしかった・・・・。

元はといえば、地上波やBS放送を見るためにB-CASカードが必要になる仕組みにしたテレビ業界が悪いんですよ。
アナログ時代と同じ様にしておけば、テレビがわざわざB-CASカードを読み取るための部品なんていらなかったんだから。
部品が無ければ故障やエラーなんて無いわけで。
テレビ業界のせいで、視聴者や家電メーカーが害をうけるなんて馬鹿らしい。

 
 

MTB用フロントサスペンションのリモートケーブルを短くカットした。

ブログが長くなってしまったので、最初にまとめておきます。


フロントサスペンションのリモートロックアウトのケーブルを短くするには、

リモートケーブルのケーブル受けの横側にある小さな穴のネジをかなり緩める(ケーブル受けを外す必要は無いみたい。ケーブル受けを外すにはケーブル受けの上面の2本のネジを外す)。
やたら削れている穴の中に六角レンチをを入れてネジを緩めます(削れているのは、ねじを完全に外してしまい、ネジを再び取り付ける時に傷が付いた)


PA150010
PA150018


それをペンチかなんかで引っ張ってはずず(自分は手でやろうとしたのでケーブルが外れず面倒なことになった)

スイッチ側(ハンドルに付いているやるね)から、中のインナーワイヤーを引き出してやり、アウターケーブルを切断。

さらにインナーワイヤーも好きな長さにカット。

リモート受けのネジを緩めて、インナーワイヤーを限界まで突っ込む(自分の場合はケーブル受けから10cmくらい出した。多分長すぎると思う。運転中に足に引っかかりそう)。

突っ込んだ状態で今度は小さなネジを締め付けてやる。

リモートロックが効くかどうか試して、完成。

サスを固定すると、ケーブル受けの中の板が中央に引っ張られてサスを固定、サスを固定しないと、元の場所に戻ってフロントサスペンションが動くようになる仕組み。

終わり。





前々から気になっていたKUMAのフロントサスペンションのリモートロックアウトケーブルの長さ。
ちょっと長すぎるだろう、と思っていたが、ケーブルの外し方がわからないので放置していた。
以前、フロントサスペンション本体についているリモートケーブルの受け側をはずしてみたことがあるが、その時はケーブルの外し方がわからず断念。

で、最近調べてみたらフロントサスペンションのリモートロックアウトケーブルを外す方法はケーブル受けの脇の方についてる小さい穴の中にある小さなネジを緩めてやればケーブルが外れると書いてあった。
自転車用のワイヤーカッターを持っていないので、短くすることはできないが、ケーブルがはずせるかどうか、試してみることにした・・・・。

試しに自分のMTBに付いているSRサンツアーのフロントサスペンションのケーブル受けを見てみると、たしかに小さな穴が開いている。
そこに 2mmの六角レンチを入れて回してみると、ネジらしき手応え。
それを外せるほど回すが、ケーブルは外れない。

仕方がなくケーブル受けを外して再挑戦。
また小さなネジを緩めるが、ケーブルは一向に外れない(手で外そうとしたのが間違いだった)
色々、いじっていたらなんとフロントサスペンションのリモートロックが効かなくなってしまった。
フロントサスペンションを壊してしまった、と後悔したが、後悔しても始まらないので、作業を続行。

まずケーブル受けのネジを完全に外してみる(本当に小さなネジなので無くさないように注意。自分はネジを落としてしまい、地べたを這いずり回ってやっとネジを、見つけることができました。)
で、小さなネジを外して、ケーブルを手で引っ張るが外れない。

さらに色々いじっていると、ケーブル受けから出ていたケーブルがケーブル受けの中に引っ込んだ。
お、これは外せそう、と今度はペンチで引っ張る。
するとやっとケーブルが外せた。
で、今度はケーブルをケーブル受けに入れてみようとするが、ワイヤーの先端が開いてしまって、入れることができない。 
最初の方に書いてあるとおり、ケーブルカッターを持っていないので、どうにもできない。
仕方がないので、家になにかワイヤーを切れそうなものを探す。
アルミの板を切って、粗大ゴミに出すための大きめのハサミが物置にあった。

それでリモートケーブルのアウターケーブルを切れるかどうか、試してみると・・。
なんとか切れた。
今度は、中のワイヤーを切断してみると、こっちもなんとか切れた。
 リモートロックは使えなくなってしまったが、リモートケーブルだけは短くしておこう、とアウターケーブルとインナーワイヤーを短くカット。

で、ケーブル受けにワイヤーを入れるが、固定できない。
うーん、どうすれば良いのか?
また、小さなネジを限界まで緩めて、ワイヤーを突っ込んで、一番奥まで入れたら、今度は小さなネジを締めてやると固定できた。

で、フロントサスペンションのリモートロックのスイッチを入れると、中のスイッチが前後に動いた。
お、これはフロントサスペンションのリモートロック機能が治った、と喜び、まずリモートケーブル受けの方を自転車に固定。
試しにリモートロックのスイッチを使ってみると、サスが固定できず、上下に動く。
もう、めんどくさくなったので、そのままで良いや、とリモートロックのスイッチの方もハンドルに固定。
固定した後に、スイッチでフロントサスペンションを固定すると、ちゃんとサスペンションが固定できるようになった。
もしかして、ハンドルに固定しないと、フロントサスペンションのリモートロック機能が使えない?

これほど大事になるとは思わなかったので、写真を撮ってない。
勿体無いことをした。




これ、多分自転車屋に頼んだほうが早かったかも。
自分は、何もわからないので苦戦したが、プロなら20分もかからずできると思う(慣れた素人でもできるはず)
料金もそれ程かからないと思うし。
自分でヤるより先に自転車屋さんに聞いてみたほうが良いね。





440mmのブルホーンハンドルを自転車に付けて、試走。

久しぶりのハンドルの交換。
何度やっても時間がかかる。

 届いた時には、こんなにキレイだったブルホーンハンドルがブレーキレバーやシフトレバーを付けてたら傷だらけ。
だれがやっても傷だらけになると思うけど。
パーツクリーナーで、ハンドルを濡らしてレバーのネジを完全に外して,通りにくい場所はマイナスドライバーで広げてやる。

2016-1008-1625-31
 

ブレーキレバーとシフトレバーを付けた後。

2016-1010-1322-28
 

サスのリモートレバーがかなり邪魔。
フロントサスペンションは殆ど使わないので、リジットフォークに変えたい。
これが、フロントサスペンション本体にスイッチが付いていればよかったのに。
今ついているフロントサスペンションより少し安いと本体にスイッチがついている方式になる。

 これがブルホーンハンドルにバーテープを巻いた所。

DSC_0184_00006
 
巻いたバーテープがもこもこしています。
バーテープを巻くのが下手な証拠。
芋虫のようなハンドル。
芋虫ハンドル。

しかし、これにはわけがある。
実はバーテープの下には、100円ショップで買った耐震シートが入れてある。
自転車の定番の改造方法。
耐震シートをバーテープの下に巻いてやると、地面を走った時の振動がマイルドになる。
耐震シートはビニールテープで固定してやると、バーテープを巻くのが楽になるぞ。
片側4枚ずつで足りたから、216円。
バーテープはロードバイク用のを、カットせずに全部使いました。
バーテープは、前のハンドルから再利用。
麻製?のバーテープだから、強く引っ張っても全然切れない。
お気に入りです。



横から。

DSC_0131_00003
 
ハンドルの上に上がっている部分を持つとすごい楽に走れる。
ただし、少し不満。
上向きの部分が、もう少し手前にあればよかった。
ブレーキレバーエクステンションを握りながら、上向きの部分も持てるようになる。

 
DSC_0171_00005

しかし、ブレーキワイヤーもシフトワイヤーもフロントサスペンションのリモートケーブルも長すぎてかっこ悪すぎる。
実害は殆ど無いんだけど。
シフトワイヤーを短くするのはそれほど難しくないはずなんだけど、問題は油圧ブレーキホース。
これは大変。
あとリモートケーブルね。 
これを無くすためには、リジットフォークに変えてやらなくちゃいけない。

試走の感想。
エビホーンハンドルに比べると、急いでいる時のシフトの変速はかなり遅くなる(エビホーンは手を動かさずに変速できるからね。今は、角の部分からフラット部分に手を動かさないと変速できない)
お陰で、信号に何回か捕まりました。

ハンドルの幅。
最初はフロントバッグを付けてましてけど、やっぱり邪魔でした。
フロントバッグを付けていても、ギリギリでハンドルのフラット部分に手を乗せられたんですけど、外したほうが楽そうなので外してみたら、外して正解。
まあ、お菓子とか入れるバッグなんで、それ程必要性はなかったんですけど。

このハンドルを買った時のブログはこちら。
何処で買ったかも書いています(ヤフオクですけど)。

意外にレアな440mmのブルホーンハンドルが台湾から届きました。

 

意外にレアな440mmのブルホーンハンドルが台湾から届きました。

ブルホーンハンドルの幅といえば400mmが基本で480mmが日東で出しているぐらいですが、ヤフーオークションで440mmのブルホーンハンドルがあったので買ってみました(ヤフーオークションではブルホーンハンドルではなく、ブルホーンバーとして売っていました。)
ハンドル代が2400円で台湾からの送料が800円であわせて3200円。
代金はヤフーかんたん決済で払ったので、踏み倒さされる危険はありません。
(ヤフーかんたん決済の選び方は、設定画面からではなく、落札してから代金の支払い方法の中で選択する)

以前に書いたブログ記事では、400mmか480mmの幅のブルホーンハンドルどちらが理想的か悩みましたが、自転車に乗って試してみた所、440mmでも行けそうだったので、440mmのブルホーンハンドルを買ってみました。

ヤフーオークションの商品説明。

メーカー / ブランド:HS
材質:アルミ 6061 T6熱処理
仕上げ:ショットブラスト、アルマイト仕上げ
クランプ径:25.4mm
グリップ径:22.2mm
幅(c-c):440mm(外形およそ462mm)
(先端c-c):415mm
リーチ:180mm(外形外-先端)
バックスイーブ:10°
重量:約269g
その他:先端内径を後加工で肉抜きしてあり、内径20mmとなっています。




台湾から届いたブルホーンハンドル。
ハンドルを握った感想は、「あれ、意外に幅が広い。手を乗せても余裕があるな」です。




2016-1008-1625-31


実際にハンドルを測ってみました。
一番広い部分の外側部分が450から455mm,幅が狭い部分が435mm,フラット部分の手を載せる部分が、ステムをつけるための太い部分を除いて、22.2mmの部分で165mmから170mmぐらい。
幅が広いのが少し誤算でしたが、自分にとっては許容範囲です。
手を載せる部分が狭すぎるんじゃないかと心配だったので、幅が広いのは自分にとってはプラスでした。

ハンドルセンチ2016-1008-1625-31


ブルホーンハンドルを買う場合で、気をつけてほしいのがフラット部分のバックスイープ。
これが全くない完全フラットだと自転車を長時間運転する場合、疲れやすくなります(日東のB261AAとかは、ちゃんとバックスイープがついています。流石ですね)
Amazonとかで売っているブルホーンハンドルでは、完全フラットが目立つので気をつけてください。

自分が、買ったのがhaleakala90という出品者。
ブルホーンハンドルではなく、ブルホーンバーで売っています(ブルホーンハンドルで検索したら、見つからなかった)
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/haleakala90

それ程たくさん出品しているわけではないので、440mmのブルホーンハンドルが無い場合がある。
(400mm,480mmのブルホーンハンドルも出品している)。
自分も黒のブルホーンバーを探していたが、シルバーのブルホーンバーしか見つからなかった。


で、入れたのがヤフーオークションのアプリ。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.yauction&hl=ja

これで、ウオッチリストに入れておくと、出品者が新しく出品するとスマホに通知が来る(パソコンやメールでも受け取れるみたいだけど、自分はスマホ通知だけにしておいた)
これで、ブルホーンバー 440 で登録しておいた所、土曜日に登録して、月曜日に連絡がきた。
それをすぐに落札して、入手。

クロスバイクやMTBにブルホーンハンドルをつける時は、ステムのクランプサイズが25.4mm,ハンドルを持つ部分の外径が22.2mmのサイズを選ばないと、シフトレバーやブレーキレバーをつけられない場合がほとんどなので注意してください。
ロードバイクやピストバイクの場合はハンドルを持つ部分の外径が23.8mmになります。
ブルホーンハンドルは基本、ロードバイク用のハンドルなので、購入する場合はちゃんと説明欄を読んで下さい。



いずれ、自転車にブルホーンハンドルを付けます。

クロスバイク、MTB用のブルホーンハンドル(25.4mm,22.2mm)の値段をAmazonで見てみる。





 






カスタム検索



ブログ更新告知用のアカウントになります。 返事やフォローはできません。 ご了承ください。
広告




記事検索
プライバシーポリシー
当サイトは「Google AdSense」の広告を掲載しています。

Google を含む第三者配信事業者は Cookieを通じた情報を使い、ユーザーの興味に応じた広告を配信しています。

Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。
トップページ