とりあえず

デジカメ、写真、自転車(MTB)、スマホ、自作パソコン、DQMSLの趣味系ブログです。

2016年04月

長年使っているパソコン用のオフィスチェアにファブリーズしたら、酷い目にあった。

もう7年ぐらい使っている、サンワサプライいの1万円強で買ったオフィスチェア。
今まで、大して不満がなく使っていたんですが、ファブリーズをしたら酷い目に。

ふと、椅子にファブリーズをしようと思いつき、ファブリーズを大量に椅子に吹きかける。
ニオイ取りって言う程、自分ではくさいと思わなかったんですが、もう何ヶ月もファブリーズをしていなかったので。
2時間ぐらいしてから、少し湿り気がある程度になったので、椅子に座ってパソコンを使い始めた。

30分ぐらいで、腰のあたりが痛くなる。
おかしいな?、と思いながらも、長年使い続けている椅子の為、体の調子が悪いんだろう、と思い、更に使い続ける。
で、1時間ぐらいで耐えられないほどの痛みに成長。
ここでも椅子のせいとは思わず、体の調子が悪い、と判断し、鎮痛剤を投入し様子を見る。

その日は何とかなったが、次の日から、椅子に座ってなくても体が痛くなる。
椅子に座ると、 体が痛くなる為、ここで、もしかして椅子のせい?と思い、別の椅子を使ってみると、体の痛みが和らぐ。

そこで最近、椅子に何をしたか、と考えファブリーズの事を思い出す。
椅子の座面のクッションはウレタン。
ウレタンに水分は駄目。
調べてみると、水分が染みこむと長時間水分が抜けないらしい。
しかも乾かすために日光やドライヤーで乾かすのも厳禁。
自分が水分が抜けてない状態で、椅子を使い続けたせいで、ウレタンのクッションが駄目になった?
考えてみてもコレしか思いつかない。
今まで、何回か椅子にファブリーズをしたが、こんなことは無かった。
ウレタンクッションが古くなったせいか、ファブリーズをかけ過ぎたせいか、濡れた状態で長時間椅子を使ったせいでウレタンクッションがダメに成ったのか、おそらくこれらの原因は複合しているように思える。

椅子のクッションがダメに成ったのなら、クッションを買ってそれに座ればいい、と考え、Amazonで「ottostyle.jp 低反発/高反発コンビ座布団クッション 」を購入。

使ってみるも、サンワのオフィスチェアには合わないのか、やはり体が痛くなる(ただ以前ほど痛くはない)。
仕方が無いのでカイロプラティックにいって施術してもらい、様子見中。

椅子にファブリーズをする時は少なめ、さらに最低一日は置く、ぐらいの注意は必要かも。
でも、今までこんな事は無かったので、やはりオフィスチェアの座面のクッションの寿命か?。
 
もしかして、オフィスチェアを買い換える必要があるかも、と思い、オフィスチェアの事を色々調べてみた。

パソコン用の椅子を買うために気をつけること。

一番大事

安物の新品の椅子を買うぐらいなら、中古のメーカー製のオフィスチェアを買ったほうが絶対に良い(オカムラ、イトーキ、コクヨなど)。
品質がよく、大量に出まわっており、さらに安い。
中古価格1万円台で、低価5万から8万円台の物が買える。
新品の一万円台で買える椅子はいいものが殆どない。
とにかく事務用のメーカー製を選ぶのが必須らしい。
家庭用の椅子より、事務用の椅子のほうが圧倒的に需要があり、そのせいで良い品質のものが比較的安価に大量に作れる。
家庭用の椅子は需要が圧倒的に小さく、そのせいでスケールメリットが働かず、良い物が安い値段で作れない。
事務用の椅子は当然ビジネス目的に買うため、会社の倒産などでいい状態の椅子が安く市場に出てくる。
さらに長年、事務用の椅子を作っているメーカーは長時間イスに座って仕事をするためのノウハウが蓄積されており、家庭用の椅子がコレを越えるのは無理。

パソコンだけではなくて、勉強やゲームを長時間するときも事務用メーカーのオフィスチェアを選んだほうが良いみたい。


座面のクッションを前後に動かせる椅子を買う。
椅子の座面は上下するものを選ぶ。
座面の角度も調整できるものを選ぶ(座った時に座面の前側を低くすると腰痛が大幅に軽減できる)。
安いメッシュの椅子は地雷。
肘をのせるアームレストは必須(当然上下出来るものを選ぶ)
腕とキーボードやマウスの角度が90度になるように使わないと、腱鞘炎になる場合がある(自分は一年以上苦しんでいます)

中古オフィスチェアはオフィスバスターズが有名みたい。
ただオフィスバスターズは殆どの店舗でクレジットカードが使えない。
ネット通販も銀行振込。
家の近くにあれば、オフィスチェアの座り心地を試せて便利かも。

オフィスバスターズ 中古オフィスチェア



お金があるならアーロン、無いなら中古のメーカー製オフィスチェアが定番みたいです。

新品オフィスチェア オカムラ、イトーキ、コクヨ 
中古オフィスチェア オカムラ
中古オフィスチェア イトーキ
中古オフィスチェア コクヨ
中古オフィスチェア 内田洋行




DQMSL 今回のランクS確定ふくびき券の結果は「りゅうおう」でした。

Screenshot_2016-04-28-09-08-25

りゅうおうは2体目なので、あまり嬉しくはない。
魔王なので大当たりなんですけど、デスピサロとかエスタークとか出ていない魔王がまだ沢山いるので、そっちが欲しかった。
まあ、贅沢は言えません。

所で、魔法のダンジョンをやっていたら、ボス戦の後の青い宝箱の中から「キラーアーマーの地図」が出てきました。
今まで出てきた記憶が無いので、今回から出現するようになったんでしょうか?

Screenshot_2016-04-28-18-06-13

 

DQMSL ふくびき券スペシャル(闘)18連チャンの結果。

魔王フェスが始まり、さらにふくびき券スペシャル(闘)が溜まってきたので一気に引く。
ふくびき券スペシャル(闘)で魔王って出るのかわからないけど・・・(軽くGoogleさんに聞いてみたらふくびき券スペシャル(闘)で魔王が出る、という情報が見つからない。やはりふくびき券スペシャル(闘)では魔王がでないのか?)。

まず、使っていないランクA確定券を引くと

マッドファルコン。

で、ふくびき券スペシャル(闘)を18回引く。

結果

ランクBが5体。
いどまじん
かっちゅうアリ
スマイルロック
かぶとこぞう

ランクCが15体。

魔王フェスが始まっているので一日一回ふくびきパスを購入。
で、
ランクB

スマイルリザード 

糞・・・・。

 続きを読む

スマホからDropboxに写真をアップロードできなくなった。解決済み。

Dropboxの容量がいっぱいいっぱいになってきたので、写真をパソコンにバックアップしてから、Dropboxの写真を削除。
それから、スマホから新しい写真をアップロードしようとしたら、「共有したファイルが多すぎる~」みたいなエラーが出て、アップロード出来ない。

おかしい、と思って、家に帰ってから調べてみる。
まず、Dropboxで削除しても完全に削除できるわけではない。
削除したデーターをまた削除しなければ、完全に削除はできない。

Dropboxからファイルを完全に削除する方法

Dropboxのゴミ箱アイコンを選択し、削除したファイルを表示する、を選択。 
それから、削除したデーターを選択し、左クリックで完全に削除、 を選択すると完全に写真が削除できる。
面倒くさいなぁ。


で、これをやってもスマホからDropboxに写真がアップロード出来ない。
エラーは一緒。 

やったこと。

スマホ、パソコン、両方のDropboxからログアウトし、再ログイン、効果なし。
スマホ、パソコン、両方のDropboxアプリを削除し、再インストール。効果なし。


解決

スマホのDropboxアプリから、左上の横線三本のアイコンをクリック。
次に右上の歯車アイコン(設定)を選択し、カメラアップロードをオンにする、を選択。

そうすると、スマホから写真がDropboxに自動でアップロードするようになった。
当然、Dropboxのネット上に写真がアップロードされている。
自動で写真がアップロードできるようになったので、今度は手動でアップロードすると写真がアップロード出来るようになった。
解決まで一時間ぐらいかかった。
エラーにアプリから、ファイルをアップロードしろ、って書いてあったけど、コレの事だったのね。
ちゃんと詳しく書いてもらわないと、頭悪いからわかんない。


GoogleのGoogle DriveやMicrosoftのOneDriveを使っていみたんだけど、写真の管理がイマイチ。
容量はDropboxの方が圧倒的に少ないんだけどね。
まあ、GoogleやMicrosoftは本業があるから、安く出来るんだろうけど、Dropboxも容量を増やして欲しい。





こちらのリンクからDropboxをインストールすると、俺とインストールした人のDropboxの容量が増えます(それぞれ500MB)。
https://db.tt/DS9ftLJX





 

Panasonicの危険な電池 KX-FAN51の互換電池を購入しました。(不具合があり、互換電池を返品済み)

KX-FAN51が危険というのは爆発するとか、液漏れするとかそういう電池では無いんです。

2016-0420 -14-45-03

この電池の欠陥は、なんと電池が切れると充電できなくなる、という何時の時代の電池だ?っていうレベルの欠陥。

最初は、 Panasonicの玄関チャイムの子機VL-W605の故障を疑いました。
だって、電池が完全に無くなったら、充電できなくなる電池なんて聞いたことあります?
しかも、 VL-W605本体を充電器に載せても、全く反応しないんです。
普通は、ピッっとか音ぐらいなりますよね?
それすら無い。
全くの無反応。

VL-W605を掃除の時にコンセントから外して、一ヶ月ぐらいかな、しばらくそのままにしておきました。
で、玄関チャイムの音が聞こえないのに気がついて、電源に繋いで、充電しようとしたら、全くの無反応。
これは本体の故障だ、と判断して、色々ネットで調べてみました。

そしたら、幾つかのサイトに気になる情報。
KX-FAN51は電池が無くなると、充電できなくなる場合がある。
その場合、全く本体が反応しない。

おいおい、本当かよ、と思い、互換電池を注文。
だって、純正品にこんな欠陥品なんだから、純正品頼む必要ないですよね?


で、届いた互換電池を[F-FACTORY] FMB-TL08 をVL-W605に入れてみたら、ピッて音がして、電源が入りました。
しっかり、動くことを確認してから、コンセントに繋いで充電。

一体、Panasonicレベルの一流企業がこんな欠陥品を作り、しかも放置しておくってど言うことですかね?
たしかにVL-W605と同じような子機との間でしか起きない欠陥かもしれませんが・・・。





追記

PanasonicKX-FAN51の互換電池、フジパーツのFMB-TL08ですが、買って2周間程で充電できなくなりました。
今度は充電器に置いたままですので、過放電と言う事は考えられません。

で、Amazonのレビューを見てみると、星1つの方にVL-W605で充電して、しばらくしたら充電できなくなったというレビューがある。

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00JESH5IO/ref=cm_cr_arp_d_viewopt_kywd?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=helpful&pageNumber=1&filterByKeyword=VL%E2%88%92W605


互換電池


一応、返品する前にFMB-TL08を販売するフジパーツさんの方にメールで問い合わせてみる。
問い合わせ内容は、FMB-TL08をVL-W605で使うと暫くすると充電できなくなる不具合が発生するレビューがあるが、フジパーツさんの方ではそれを確認しているか?という内容。

で、フジパーツさんからの返答は、
こちらではVL-W605で充電でき無くなる不具合は確認していないので、初期不良の疑いがある。
もしよければ、代替品を送るので、そちらを一ヶ月ほど使ってもらって、試してもらえないでしょうか?
もし、充電できなくなったら、2個とも返品してください。
充電できれば、初期不良の最初の一個を返品してください。
という内容。

互換電池

で、まあ、断る理由もないし、非常に丁寧な対応だったので承諾して、今、現在お試し中です。

KX-FAN51ですけど、これもしかしてVL-W605の設計が悪いのかもしれません。
電池の電圧が低くなると充電できなくなるんじゃないでしょうか?
電池が悪いにしろ、本体が悪いにしろ、どちらにしてもPanasonicの設計ミスってことでいいかも。

自分が小さい頃はPanasonic製品といえば信頼性が高いという印象が強かったんですが、最近はそうでも無さそうです。
やっぱり90年代から続いた不況のせいで、企業の技術力が劣化しているんでしょうね。
景気が悪いってのは良いことが一つもありません。



ちなみに、FMB-TL08ですが、コンビニ受け取りで注文したせいで、こちらの住所がフジパーツさんの方が知らなくて、さらにフジパーツさんからの連絡がスレ違いになってしまい、FMB-TL08がコンビニへ発送という事態に。
コンビニの方ではお知らせのない商品が届いたせいで、フジパーツさんの方へ連絡がいったらしい。
コンビニ受け取りだと、こういうことがあるんですね。

追記2

送られてきた電池を使って、一週間程テストしてみましたが、残念ながらまた充電できなくなりました。
電池が切れかけた時に、充電してください、というメッセージが出て、充電台?にセットして、赤い充電ランプが付いたんですが、充電はされないみたい。
一度充電した後は、子機を置く台の上にセットしていても、充電されないみたいです。
不思議だ。
子機の問題なのか、電池の問題なのか。
おそらく、電池ではなくPanasonicの子機か充電台の問題だと思う。

フジパーツさんに言われたとうり、2個のバッテリーを返品(料金は1個分です)。



KX-FAN51を使うPanasonicのコードレス電話や子機。



 
続きを読む
広告
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスカウンター





    記事検索
    トップページ