■目次

 ▶楽天のふるさと納税サイトから貰えるカメラをまとめてみました。
 ▶ふるさと納税で貰えるCanonのカメラ
 ▶キヤノン・フルサイズ一眼レフカメラ
 ▶キヤノン・APS-C一眼レフカメラ
 ▶キヤノン・APS-Cミラーレスカメラ
 ▶ふるさと納税で貰えるCanonの交換レンズ
 ▶ふるさと納税で、貰えるCanon以外のメーカーのカメラ
 ▶楽天のふるさと納税サイト以外でカメラが貰える自治体
 ▶目的別で選ぶカメラ選び
 ▶ふるさと納税サイト 高額返礼品は掲載せず(NHK)
 

古い記事の為、余計な文章が多くなり読むのに非常に時間がかかるようになったので、別のサイトに少ない時間で読めるようにまとめてみました。
カメラの説明などは要らないよ、っていう方向けにつくっているので、説明文はほとんどないです。
こちらの記事をご覧ください。
リンクをクリック、タップすれば移動できます。

   ↓↓↓
ふるさと納税で貰えるオススメのカメラやレンズ。Canon(大分県国東市)、オリンパス(長野県辰野市、長野県伊那市)がオススメです。 


大分県国東市や長野県辰野市でふるさと納税で貰える カメラやレンズが大量に復活しました。
下のリストを見るより、こちらのサイトで確認したほうが確実かもしれません。
他のふるさと納税サイトでは、デジタルカメラの返礼品が無くなりつつあるので、この2つのサイトで十分かな。
復活したと言っても、総務省の通達によってカメラの返礼品が無くなる可能性もあるので、早めに注文した方が良いですよ。


ふるさと納税の為の控除金額シミュレーター

 
ふるさと納税で貰えるカメラやレンズ(楽天)

ふるさと納税で貰えるカメラや電化製品(ふるなび)




ふるさと納税を楽天でするメリットは?を別のページに移しました。

以下、楽天のサイトからの紹介になります。

追記2017年7月22日。
宮崎県木崎町のふるさと納税返礼品に EOS 5D Mark 4、EOS 7D Mak2 、 EOSM10が追加されました。

<キヤノン一眼レフカメラ(EOS 5D Mark 4) レンズキット>宮崎県 木城町
<キヤノン一眼レフカメラ(EOS 7D Mark2)レンズキット> 宮崎県 木城町
キヤノンミラーレス一眼レフカメラダブルレンズキット(EOS M10)選べる白or黒レンズキット EOSM10BK EOSM10WH ミラーレス 宮崎県 木城町


2017年7月11日追加。
楽天ではなく「ふるなび」から。
宮城県名取市のふるさと納税返礼品に「Nikon Df」が追加されました。

追記 2017年5月30日

楽天ふるさと納税サイトにCanonの新型ミラーレスカメラ、EOS M6が追加されました(大分県国東市)

寄附金額  300,000円 
EOS M6(ズームレンズキット)
EOS M6(ダブルズームキット)

寄附金額 200,000円
EOS M6(ボディのみ)  

リンク切れのURLを削除しました。

追記 2017年5月9日
楽天のふるさと納税サイトにCanonの1インチコンデジG9X MARK2が追加されました(群馬県昭和村

寄附金額 150,000円
POWERSHOT G9X MARK2+ソフトケース+SDカード

追記 2017年5月1日
楽天のふるさと納税サイトにCanonのEOS9000DとEOS Kiss X9iが追加されました。(大分県国東市)

追記 2017年3月24日

トキナー製の Canon EFマウント、Nikon Fマウント、SONY Eマウント用レンズが追加されました。

トキナーのレンズ(楽天・ふるさと納税) 

AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX(Canon EFマウント)
AT-X 11-20 PRO DX(Canon EFマウント)

AT-X 16-28 F2.8 PRO FX(Nikon Fマウント)
AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX(Nikon Fマウント)

FíRIN 20mm F2 FE MF(Sony Eマウント)

などです。

追記 2017年3月21日

寄附金額 70,000円
ミキハウス ハッピー・ノート掲載商品 キヤノンIXY200+SELPHY CP1200+ペーパー セット  



楽天のふるさと納税サイトから貰えるカメラをまとめてみました。


ふるさと納税で、カメラが欲しい人にオススメです。



注意


同じ商品でも、自治体によって寄附金額が違います。
例としてCanonのEF70-200mm F2.8L IS 2 USMは

群馬県 昭和村は寄附金額60万円
大分県国東市は寄附金額50万円

となっています。
できるだけ、寄附金額が少ない方を選んだほうがお得になりますね。 



ふるさと納税で貰えるCanonのカメラ

 
大分県国東市


目次にもどる

■キヤノン・フルサイズ一眼レフカメラ

EOS 1DX MarkII(ボディのみ)  寄附金額1,500,000 円





2016年4月28日発売。

Canonが誇るフラッグシップフルサイズ一眼レフカメラ。
有効画素数は2020万画素。
DIGIC6+。4K60pの動画撮影に対応。
カメラの重さはバッテリー込みで、1530g(本体のみで1340g)。
バッテリーは、LP-E19を使用。
ファインダー撮影時で1210枚だが、実際に撮影すると撮影できる枚数はもっと多い(2000枚以上撮れているレビューが多い)。
内蔵ストロボは付いていない。
ファインダーはペンタプリズム使用、アイレベル式、視野率100%で、ファインダー倍率は0.76倍。
カメラに手振れ補正は付いておらず、レンズの手振れ補正を使用します(手振れ補正が付いていない単焦点レンズでは手振れ補正が使えません)
防塵防滴対応。


残念ながら、液晶モニターは可動式ではなく、固定式。
ただし、その分頑丈とも言える。

GPS機能を搭載し、タッチパネルにも対応。
フリッカーレス撮影も可能。
シャッタースピードは最高1/8000。
シャッター耐久は40万回。
記録メディアは、CFastとCFのダブルスロット。
Wifi、NFCには非対応。

センサーはCanon製でソニー製ではない。
ただ、高感度撮影時の画質などが大幅に改善しており、十分SONYのセンサーと対抗できる性能となっている。

基本的になんでも撮影可能だが、1DXの特徴としてAF性能と連射速度は他のCanonのカメラと比べて別格で、他のメーカーのカメラと比較しても、
一眼レフカメラとしてはNikonのD5が同等の性能があるくらいで、やはり別格(SONYのα9はミラーレスカメラ)。

AF性能とは、AF時のピントが合う速度だけではなく、ピントがあった時の正確性、ピントがあった後のピント追従性が大事だが、
これが別格(対抗できるのはNikonD5と、CanonのEOS 5D Mark IVくらい。ただし、EOS 5D Mark IVは連写性能が大きく劣る。秒7コマ)。
プロカメラマンがプロスポーツを撮影する時に使うのが、CanonのEOS-1D X Mark IIかNikonのD5。
基本、どちらを買っても正解だが、動画撮影性能だけは、Canonが圧倒しているので注意。
AFは、61点(クロス測距点:最大41点)、AF測距点全点がF8に対応。中央低輝度限界は-3EV。


連写速度は、ファインダー撮影時にはAF追従毎秒14枚撮影できる(毎分じゃないですよ)
連写時の連続撮影可能枚数は、JPEG時は、無制限(つまり、記録メディアが一杯になるまで連射可能)
RAWで撮影する時は、CFast2.0で170枚(毎秒14枚撮影するとして、12秒間連写可能)、CFで73枚(毎秒14枚として、5秒弱撮影可能)。

高感度撮影にも優れており、ISO6400での撮影でもノイズはほとんど見られず、ISO12800でようやくノイズが見えるようになる。




EOS 5D MarkIV(レンズキット)寄附金額1,300,000 円
EOS 5D MarkIV(ボディのみ)寄附金額1,000,000 円 



2016年9月8日発売。

Canonのミドルクラスのハイアマチュア向けフルサイズ一眼レフカメラ。
EOS-1D X Mark IIに比べると連射性能が劣り、動画性能が少し下だが、それ以外はEOS-1D X Mark IIとほぼ互角。

有効画素数3040万画素。
DIGIC6+に対応しており、動画は4k30pに対応。
4k動画から880万画素の静止画(JPEG)を切り出して保存可能。
カメラの重さはバッテリーを入れた状態で890gで、本体のみだと800g.
バッテリーはLP-E6Nを使用。
バッテリーひとつでの、ファインダー撮影時の撮影可能枚数は900枚。
内蔵ストロボは付いていない。
ファインダーはペンタプリズム使用、アイレベル式。視野率100%で、ファインダー倍率は0.71倍
防塵防滴対応。
センサーはCanon製だが大幅に性能を改善しており、互角とは言えないまでも十分に対抗可能な性能がある。
カメラに手振れ補正は付いていないため、手振れ補正はレンズ側の手振れ補正機能を利用します。
単焦点レンズなどの手振れ補正が付いていないレンズは、手振れ補正が使用できません。
ローパスフィルター使用(ローパスレスではありません)
記録メディアはCFとSDカードのデュアルスロット。


液晶モニターは固定式でバリアングルでもチルトでもない。
タッチパネルには対応している。
EOS-1D X Mark IIとほぼ互角のAF性能があるものの、連射性能は大きく劣る(EOS-1D X Mark II、毎秒14コマ、EOS 5D Mark IV最大毎秒7コマ)
連射可能枚数はJPEGで110枚。RAWで17枚、RAW+JPGで13枚とやはりEOS-1D X Mark IIに比べて劣っています。
AF測距点は、最大61点(クロス測距点:最大41点)
最大シャッタースピードは1/8000 秒
フリッカーレス撮影に対応。
GPS機能、Wi-Fi機能を内蔵し、NFCに対応している。

高感度撮影はISO6400でもノイズは目立たず、ISO12800からはノイズが目立つようになる。

連射性能、動画性能を重視するならEOS-1D X Mark II。
連射性能や動画性能より、価格や携帯性を重視するならEOS 5D Mark IV。

目次にもどる

■キヤノン・APS-C一眼レフカメラ



EOS 80D(ズームレンズキット)寄附金額300,000 円
EOS 80D(レンズキット) 寄附金額300,000 円
EOS 80D(ボディのみ)寄附金額250,000 円 



2016年3月25日発売。

Canon APS-C一眼レフカメラとしてはミドルクラスの位置づけになります(APS-Cのハイエンドは7DMark2)

有効画素数2420万画素。
DIGIC6。
4k動画には対応していません。
FHD 1080/60pでの動画撮影に対応。
液晶モニターはバリアングル液晶となっており、自由な姿勢での撮影が可能。
タッチパネル対応です。
ファインダーはペンタプリズム使用、アイレベル式で、視野率100%、ファインダー倍率0.95倍
記録メディアはSDカードでCFなどには対応していない。
残念なことにデュアルスロットではなく、シングルスロット(7DMark2はデュアルスロット)

ストロボ内蔵。
Wi-Fi、NFCには対応しているがGPS機能は内蔵していません。
ボディに手振れ補正は付いておらず、レンズ側の手振れ補正機能を使用します。
重さはバッテリー込で730g、バッテリーを入れない状態ですと650g
一個のバッテリーでの撮影可能枚数は、ファインダー撮影で役960枚。
バッテリーは、LP-E6N/LP-E6を使用します。

AF測距点はオールクロス45点(クロス測距点:最大45点)。最大27点でF8撮影が可能
連写性能は、毎秒最大7コマ(サーボAF、ライブビュー撮影(液晶モニターでの撮影)の場合は秒5コマ)
連写時の連続撮影可能枚数は JPEGで77枚、RAWで20枚、RAW+JPEGで20枚。
ファインダー内に水準器あり。

AF性能も静止画、動画どちらの評価も高いカメラです。
ISO1600を越えるとノイズが目立ち始めますが、ISO3200でも十分鑑賞可能です。
さすがにISO6400になるとキツイかも・・・。
やっぱり高ISO感度が必要な暗い場所になると、センサーサイズが大きなフルサイズカメラが有利になります。
エントリーレベルの一眼レフカメラに比べると多少重くて大きくなりますが、その分性能も上がっています。
エントリークロスの安い一眼レフカメラ買って、80Dクラスの一眼レフカメラに乗り換えるより、最初に80Dクラスのカメラを買ったほうが安く上がります。
クラスが一つ上のAPS-Cフラッグシップ機のEOS7DMark2と比べるとAF性能、連写速度、頑丈差などは少し劣りますが、それ以外の性能については発売年が新しいだけあって、便利な機能が沢山ついています(EOS 7DMark2の発売日は2014年10月30日。バリアングル液晶も無し、タッチパネルもなし、Wifi無し、GPSはあり)。

又、80Dに付いているレンズのEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM もEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM(STMじゃないですよ。新しい方です)もどちらのレンズの評価もキットレンズとしてはかなり高いです。
AF速度も速く静か。
特に動画時にAF作動音が動画に入らないのが素晴らしい。



EOS KissX8i(ズームレンズキット)寄附金額200,000 円




2016年4月17日発売。

最初に書いておきますが、基本的に80Dより性能はかなり下になります。
また、EOS Kiss X9iとEOS 9000Dが発売されたために、型落ち製品となってしまっています。
EOS Kiss X9iが大幅に性能を向上させたため、今からEOS Kiss X8iを買うのはちょっとコストパフォーマンスが悪い気がします。

で、性能ですが、
有効画素数は2420万画素。DIGIC6対応。
ファインダーはペンタダハミラー使用、アイレベル式で視野率95%、ファインダー倍率は82%。
動画は1920×1080の30PでFHD動画の撮影はできません。
液晶モニターはバリアングルでタッチパネルに対応します。
Wifi、NFCには対応していますが、GPS機能は内蔵していません。
カメラの重量はバッテリーを入れた状態で555g、本体のみの重量で510g。
バッテリーひとつでの撮影可能枚数は440枚。
バッテリーはLP-E17。

オートフォーカスは測距点が19点ですが全点クロス測距点になっています。
連写枚数は最大で秒5コマ。設定次第でさらに少なくなります。
連写時の最大撮影可能枚数はJPEGで180枚。
RAWで7枚、RAW+JPEGで6枚です。
シャッタースピードは最大で1/4000。
水準器は付いていません(兄弟機の8000Dには付いていますが、EOS Kiss X8iは無し)
フリッカーレス撮影に対応。

ISO感度はISO1600でノイズが目立ち始め、3200でも十分使用可能。6400になると辛いかも。
ズームレンズキットのレンズはEF-S18-135 IS USM。EF-S18-135 IS STMではありません。
まあ、USMの方が性能も画質も上なので、問題はありません。
ダブルズームキットの方は、どちらもSTMレンズのEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMです。
AF性能も速く、画質もキットレンズとしはかなり良く、AF作動音が静かで、動画撮影時にもAF作動音が入らない、素晴らしいレンズ。


EOS 9000D(ズームレンズキット  寄附金額300,000 円
EOS 9000D(ダブルズームキット)  寄附金額300,000 円





EOS KissX9i(ズームレンズキット)  寄附金額300,000 円
EOS KissX9i(ダブルズームキット)  寄附金額300,000 円



2017年4月7日発売。


EOS Kiss X9iとEOS 9000Dは兄弟機で、発売日も一緒です。
性能的に差はほとんど無く、違いはデザインと操作性ですね。
EOS 9000Dが上位モデル、EOS Kiss X9iが下位モデルになります。

以下の違いがあります。
EOS 9000Dの肩液晶やAF-ONボタンは要らないよ、って人もいると思うんですが、あれば便利なので、
できるだけEOS 9000Dを買ったほうが後悔は少なくなると思います。

EOS Kiss X9i SETボタンの周りが十字ボタン 
EOS 9000D SETボタンの周りがホイール

肩液晶(サブ液晶)は、現在のカメラの写真設定がひと目で分かる便利な機能ですが、必要性は人によって違いますね。
デザイン的に、エントリーレベルのカメラでは無くなるのが一番のメリットかも。

EOS Kiss X9i 肩液晶無し
EOS 9000D  肩液晶有り

EOS Kiss X9i モードダイヤルが右側。
EOS 9000D  モードダイヤルが左側(右側に肩液晶があるため)


親指AFが使いやすいのは、専用ボタンがあるEOS 9000Dの方ですね。

EOS Kiss X9i AF-ONボタン無し
EOS 9000D  AF-ONボタン有り

カメラの重さは
EOS Kiss X9i バッテリー込で532g、本体のみで485g
EOS 9000D     バッテリー込で540g、本体のみで493g
で、ほとんど違いはありません。


EOS Kiss X9iとEOS 9000Dの共通スペック。

有効画素数は2420万画素
DIGIC7に対応。
液晶モニターはタッチ操作対応のバリアングル液晶。
動画撮影時のみ、電子5軸手ブレ補正機能が付いている(静止画の時は、これまでと同じレンズ側の手振れ補正を使う)
ちなみに電子手振れ補正は80Dには搭載していないので、大きなメリットになる。
動画撮影は1920×1080、60PのFHD動画撮影に対応(EOS Kiss X8iは1920×1080,30P)
ファインダーは、ペンタダハミラー視野率95%、ファインダー倍率0.82倍。
EOS Kiss X9iもEOS 9000Dもストロボは内蔵しています。
WifiとNFCに対応しているだけではなく、新たにBluetoothにも対応(スマホとの連携が簡単になります)。GPS機能は内蔵していません。
バッテリーは、LP-E17を使用し、一個のバッテリーで撮影できる撮影可能枚数は820枚。


エントリーモデルとしては、初のデュアルピクセル CMOS AFを搭載しライブビュー撮影(液晶画面での撮影)を高速化(80Dに積んでいるのと同じ)
AF性能もEOS Kiss X8iより大幅に向上し、80Dと同等のオールクロス45点AF(EOS Kiss X8iはオールクロス19点)
シャッタースピードは1/4000秒。
ただ、80DはAF設定を細かく調整可能なので、EOS Kiss X9iとEOS 9000Dより撮影時の成功率は高くなる。
連写速度は最大で秒6コマ(設定により減ることがある)
連写時の連続撮影可能枚数はJPEGで190枚、RAWで21枚、RAW+JPEGで19枚。
EOS Kiss X9iにもEOS 9000Dにもファインダー内に水準器が表示可能です(EOS Kiss X8iは付いていないが8000Dは付いていた前モデルとの大きな違い)。
フリッカーレス撮影に対応。

ただ、注意点がひとつ。
80DはISOオート時のオートの低速限界設定可能で、EOS Kiss X9iとEOS 9000DはISOオート時の上限値設定可能のみ可能な所。
暗い所でシャッタースピードが必要な時はISO感度を上げる必要があるが、EOS 9000DとEOS Kiss X9iでは、最低ISO感度の設定が出来ないため、
カメラがISOを低く設定してしまい、必要なシャッタースピードで撮影できない事がある。
80Dの方は、最低ISO感度を設定出来るため、少し暗めな場所での撮影時にISOオートで撮影しても、最低ISOを自分で設定出来るため失敗写真はかなり減るはずだ。

基本的にはEOS Kiss X9iやEOS 9000Dのエントリーモデルより、80Dなどのミドルクラスの一眼レフカメラを買ったほうが後悔はしないと思います。


目次にもどる

■キヤノン・APS-Cミラーレスカメラ



EOS M5とEOS M6の違いはそれ程大きくはありません。
一番の違いは液晶ファインダーの有無です。
EOS M5には液晶ファインダーが付いていて、サイズは大きめ。
EOS M6には液晶ファインダーが無く、携帯性に優れたコンパクトサイズ(外付け液晶ファインダーに対応しており、必要な時は取付可能。残念ながら、大分県国東市の返礼品には外付け液晶ファインダーはついていないので、購入する必要があります)

EOS M5(ズームレンズキット) 寄附金額300,000 円
EOS M5(レンズキット)寄附金額250,000 円
EOS M5(ボディのみ)寄附金額200,000円




寄附金額  300,000円 
EOS M6(ズームレンズキット) 
EOS M6(ダブルズームキット) 

寄附金額 200,000円
EOS M6(ボディのみ)  




EOS M5 2016年11月25日
EOS M6 2017年4月20日

EOS M5とEOS M6はCanonのミラーレスカメラのハイエンド機になります。
スペックなどは他社のミラーレスカメラに負けるていることが多いんですが、APS-CサイズのセンサーとCanonのDIGICのおかげで他社と
遜色のない高画質な写真を撮影出来ます。
画質だけなら、CanonのAPS-Cサイズの一眼レフカメラと同等の画質があります。
動体撮影はやはりCanonの一眼レフカメラに劣るようです。
ちなみにEOS Mシリーズはもっとも売れているミラーレスカメラなので、将来的にも安心なカメラマウントです。


主な違いは、電子ビューファインダー(EVF)がついているかどうか?
M5は電子ビューファインダーが付いていて、その分高さがあります(高さ89.2mm、奥行き60.6mm)
M6は電子ビューファインダーが付いていない分、高さは低くなり携帯性に優れています(高さ68mm、奥行き44.5mm)
M6は外付けのEVFに対応しており、後からEVFを購入してカメラに取り付ける事が可能。
対応するEVFは EVF-DC2で価格は約21000円前後、EVF-DC1は25000円前後(中古ならもっと安く手に入ります)。
決して安くはありません。
EVF-DC2は、EVF-DC1を小型化したモデルになります。
小型化した分、EVF-DC1で可能だった90度のチルト機構が無くなりました。
嬉しいことにEVF-DC1とEVF-DC2では互換性があり、EOS M3とEOS M6でどちらのEVFも使用可能です。
EOS M、M2、M10は外付けのEVFに対応していないので、使用することはできません。

M6は外付けEVFなので、さらに高性能なEVFが出た場合、M5のEVFの性能を上回るEVFをM6で使える可能性があります(あくまで、もしかしたら、の話です。なんの根拠もありません)。

ファインダーはカメラに有ったほうが良い気がしますが、女性の方はファインダーを覗くと化粧が取れてしまうらしく、ファインダーを使わない人が多いそうです。


M5のEVFは視野率100%の236万ドット。
EVF-DC1、EVF-DC2も視野率100%の236万ドット。
EOS M3
EOS M6
PowerShot G1 X Mark II
owerShot G3 X
に対応しています。


液晶モニターの違い。
M5は 3.2インチ161万ドット。
M6は3インチ104万ドット。


液晶モニターの可動域の違い。

M5は下180度に動いて、自分撮りが可能(上85度、下方向180度)。
M6は上180度に動いて、自分撮りが可能(上180度、下45度)。
M5はEVFがあるので、液晶モニターを上側前方への液晶モニターの動きに制限があります。

M5はEVFを見ながら、液晶モニターをタッチ操作することによってAFポイントを移動させるタッチ&ドラッグAF機能を搭載していますが、
M6は外付けEVFを付けても、タッチ&ドラッグAFを使用することはできません。
これは結構重要な違いで、これだけでもM5を選ぶ理由になります。

EOS M5
約115.6(幅)×89.2(高さ)×60.6(奥行)mm
重さはバッテリー込で427g、本体のみの重さは380g。

EOS M6
約112.0(幅)×68.0(高さ)×44.5(奥行)mm
重さはバッテリー込みで390g、本体のみの重さは343g。



M5とM6の共通点

有効画素数2420万画素。DIGIC7搭載。
動画はどちらも1920×1080/60pのFHD動画の撮影に対応していますが、4K動画には対応していません。
動画撮影時のみボディ内手振れ補正に対応してます。
液晶モニターはどちらもチルト機構を搭載していますが、上に書いたとおり動く方向が違います。
どちらもタッチパネルを搭載し、タッチ操作に対応しています。
Wifi,NFC、Bluetoothに対応していますが、GPSは搭載していません(スマートフォンと連携して、位置情報を画像に付けることはできます。
どちらも電子水準器を搭載しています。
USB充電には対応していません。
当然ですが、USBで給電しながらの撮影にも対応していません。
SDカード対応のシングルスロット。
ストロボは搭載してます。

バッテリーとSDカードを入れる場所は共通で、底面にスロットがあります。
バッテリーはLP-E17を使用し、ライブビュー撮影(液晶モニターでの撮影時)は、295枚撮影可能。
M5はEVFを搭載していますが、EVF使用時でも撮影枚数は295枚と変わりません
一眼レフカメラに比べるとかなり少なめの撮影枚数になっているので、予備バッテリーは必要でしょう(実際はもっと多く撮れるはずですが、それでも少ない)

AFはデュアルピクセル CMOS AF方式で、M3のハイブリッド CMOS AF III 方式より高速化しています。
AF測距点は49点。
連射速度はAF追従で秒7コマ、AF固定最大で秒9コマ。
連写時の連続撮影可能枚数はJPEGで26枚、RAWで17枚、RAW+JPEGで16枚と最近のハイエンドミラーレスカメラとしては少なめ。
ISOオート時にISO感度の上限設定はできますが、最低ISO感度の設定はできません。


寄附金額 130,000円
EOS M10(ダブルレンズキット・ブラック)  付属レンズ:EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M22mm F2 STM




発売日 2015年10月29日

EOS M10はCanonのミラーレスカメラのエントリーモデルです。
AFの速さはAF速度評価最悪のEOS Mより改善していて、EOS M2並。

有効画素数1850万画素。DIGIC6。
手振れ補正はカメラ側には無く、レンズ側の手振れ補正を使います。
上方向180度のチルト液晶搭載。
動画は1920×1080,30P,MP4で撮影可能。

ストロボ内蔵。
Wifi搭載、NFC対応、Bluetooth非対応、GPSは搭載していません。
バッテリーはLP-E12で、撮影可能枚数は255枚。

シャッタースピード最高は1/4000。
連写速度は最高で秒4.6コマ。
連写時の連続撮影可能枚数はJPEGで1000枚、RAWで7枚、RAW+JPEGで4枚。
外付けEVFには非対応。




Canon フルサイズ一眼レフカメラの価格(Amazon



群馬県昭和村 

現在、ふるさと納税の返礼品見直しのため、群馬県昭和村のふるさと納税サイトは閉鎖中です。
EOS M10ダブルズームキット 寄附金額200,000 円
 
目次にもどる

ふるさと納税で貰えるCanonの交換レンズ 

 
 大分県国東市 

Canon製 一眼レフ用レンズ(フルサイズ、APS-Cの一眼レフカメラに取り付け可能)
キヤノン交換レンズ EF24-70mm F2.8L II USM寄附金額400,000 円(売り切れ中)

キヤノン交換レンズ EF70-200/F2.8L IS2USM  寄附金額 500,000円
キヤノン交換レンズ EF100-400/F4.5-5.6L IS2USM  寄附金額 500,000円


Canonのミラーレスカメラ専用レンズ(一眼レフカメラには取り付け不可)
キヤノン交換レンズ EF-M28/F3.5マクロIS STM 寄附金額80,000 円 

群馬県昭和村


現在、ふるさと納税の返礼品見直しのため、群馬県昭和村のふるさと納税サイトは閉鎖中です。

Canon製 一眼レフ用レンズ

超広角EFレンズ EF11−24mm F4L USM 寄附金額900,000 円
超広角EFレンズ EF16−35mm F2.8L 3 USM 寄附金額600,000 円
望遠EFレンズ EF70-200mm F2.8L IS 2 USM 寄附金額600,000 円



単焦点望遠 EFレンズ EF200mm F2.8L 2 USM 寄附金額3,000,000 円 
単焦点広角 EFレンズ EF24mm F1.4L 2 USM 寄附金額500,000 円
単焦点広角  EF35mm F1.4L 2 USM 寄附金額600,000 円
単焦点標準 EFレンズ EF50mm F1.2L USM 寄附金額400,000 円
単焦点中望遠 EFレンズ EF85mm F1.2L 2 USM 寄附金額500,000 円
マクロ EFレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM 寄附金額300,000 円 





目次にもどる

■ふるさと納税で、貰えるCanon以外のメーカーのカメラ


オリンパスのPEN-F、PL8はマイクロフォーサーズのセンサーサイズのカメラです。
TG-4は防水、防塵、1/2.3型のセンサーサイズのカメラ。
ソニーのRX100M3は1インチサイズのセンサーを積んでいる高級コンパクトカメラです。

OLYMPUSのミラーレスカメラはボディ内手振れ補正が強力で、カメラメーカの中でもトップクラスと言われています。
手振れ補正には大きく分けて3つの種類があります。

1,レンズに手振れ補正がついている(Canon、Nikon、Panasonic、SONYなど)

2,カメラ本体に手振れ補正が付いている(OLYMPUS、一部のPanasonicカメラ、一部のSONYのミラーレスカメラ)

3,カメラ本体とレンズに手振れ補正を付けて、それをシンクロさせて、さらに手振れ補正の威力を上げたもの(最近出てきたタイプです。Panasonic、OLYMPUSの最新モデルに付いています。ミラーレスカメラでは、これから主流になっていくと思われる)


ボディ内手振れ補正の良いところは、レンズに手振れ補正が付いていなくても、手振れ補正が使える所。
一般的に、明るい単焦点レンズなどには手振れ補正が付いていない場合が多く、暗い場所で手振れ写真が多発しますが、OLYMPUSのボディ内手振れ補正なら、その心配はありません。
なので、初心者向きと言われているのが、OLYMPUSのミラーレスカメラになります。


長野県辰野町








OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough(ブラック)寄附金額100,000 円 (売り切れ中)
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough(レッド)寄附金額100,000 円  (売り切れ中)






埼玉県三芳町 

CanonやNikonの純正レンズではなく、トキナー製の社外品レンズになります(サードパーティ) 。
サードパーティとはいえ、キヤノンやニコンの一眼レフカメラにつけても、しっかり動きます。

トキナー製・キヤノンEFマウント用レンズ(フルサイズ)

AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX(Canon EFマウント) 寄附金額300,000 円 
AT-X 16-28 F2.8 PRO FX(Canon EFマウント)寄附金額200,000 円 
AT-X 11-20 PRO DX(Canon EFマウント) 寄附金額150,000 円

トキナー製・ニコンFマウント用レンズ(フルサイズ)

AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX(Nikon Fマウント) 寄附金額300,000 円
AT-X 16-28 F2.8 PRO FX(Nikon Fマウント) 寄附金額200,000 円
AT-X 11-20 PRO DX(Nikon Fマウント) 寄附金額150,000 円


トキナー製・キヤノン、ニコン以外のレンズ


FíRIN 20mm F2 FE MF(Sony Eマウント)寄附金額200,000 円

トキナー Reflex 300mm F6.3 MF MACRO 寄附金額100,000 円
 

ペンタックス 一眼レフカメラ(APS-C)

寄附金額 30万円 神奈川県 海老名市

PENTAX K-70シルバー(18-135WRキット) 

コンパクトデジタルカメラ


SONY

寄附金額:10万円 宮城県多賀城市

DSC-WX500/B ブラック

 


楽天ふるさと納税サイトで、カメラやレンズの返礼品を探す。
楽天ふるさと納税サイトで、家電の返礼品を探す  

ふるさと納税をして貰える自転車を探す(楽天)

少しづつ、自転車の返礼品も増えてきました。
ロードバイク、クロスバイク、ミニベロ(小径車)、ママチャリ、電動自転車などがあります。


家電やパソコンなどは楽天よりふるなびの方が、返礼品は豊富にあります。
ふるなび 電化製品で検索

ふるさと納税人気ランキング(楽天) 



目次にもどる  




楽天のふるさと納税サイト以外でカメラが貰える自治体

楽天ポイントがつかないため、お得感は少し下がりますね。
でも、楽天で取り扱ってないものがほとんどなので、仕方がありません。


長野県伊那市

寄附金額 15万円



宮崎県木城町もカメラの返礼品が多いのでオススメです。
残念ながら、宮崎県木城町はふるさと納税の返礼品にデジタルカメラなどの家電品を止めたようです。



神奈川県綾瀬市もキャノンのデジカメが多いですが、木崎市や大分県国東市の製品と被る製品がほとんどなので、リンクだけ貼っておきます。

神奈川県綾瀬市のふるさと納税で貰えるカメラを探す



ふるさと納税で貰えるSLIKの三脚や一脚を探す。
ふるさと納税で貰えるレンズプロテクターを探す(マルミやケンコーなど)


群馬県前橋市のふるさと納税ではiPadももらえます。

寄附金額:300,000

ナカヨモバイルiPad mini4 
ナカヨモバイルiPad Air2


ふるふるは、色々なふるさと納税サイトから情報を集めているみたいですが、少し漏れがあるみたいです。
なので、ふるふるで探して、次にさとふる、一応、ふるさとチョイス(かなり少ない)で探す、のがオススメ。

ふるふる
さとふる
ふるさとチョイス



追記(2017年2月8日) α5100とRX100M4が追加されました。


宮城県多賀城市でソニーのカメラが貰えるようです。
楽天の地元なんだから、楽天で貰えるようにすればいいのに。

宮城県多賀城市にふるさと納税をすると貰えるカメラ

DSC-RX100M4 ブラック
α6000ダブルズームレンズキット(ILCE-6000Y ホワイト)


ジェットダイスケ氏によるα6000のレビュー動画。
 

 

ジェットダイスケ氏によるRX100M4のレビュー動画。 

 




目次にもどる  






デジタルカメラの画質について

カメラの画質は、カメラのセンサー、取り付けるレンズ、画像を処理する画像処理エンジンで、大体の画質がきまります。
カメラのセンサーサイズの面積比を置いておくので参考にしてください。

フルサイズの一眼レフカメラの面積を100としています。

100 フルサイズ35mm
 43  APS-C(ニコン、ソニー、フジ、ペンタックス)
 38  APS-C(キヤノン)
 26  マイクロフォーサーズ(オリンパス、パナソニック)
 13  1インチ(ソニーRX100シリーズ、キヤノンのGXシリーズ、ニコンのNikon1)
  5  1/1.7型
  3  1/2.3型


iPhone7、7Plusは1/3型センサーを採用しているようなので、1/2.3型以下ですね(画質は普通のコンデジより間違いなく優れていますが、それはレンズと画像処理エンジンが優秀だからでしょう)


目的別で選ぶカメラ選び。


暗くなればなるほど、センサーサイズが大きいカメラ、レンズのF値が小さい明るいレンズが有利になります。

フルサイズセンサーの一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ>>APS-Cサイズの一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ。

一般的には、動き物(スポーツ、ダンス、お祭り、動物、飛行機、ミリタリー)はCanon、Nikonの一眼レフカメラが有利(Canon、Nikonのミラーレスカメラは違います)。
AFの速さ、連写速度の速さ、連写枚数の多さなどで、一部ミラーレスカメラがCanon、Nikonの一眼レフカメラに追いつきつつありますが、AFは速さだけではなく、正確さ、精度が重要なので、まだまだCanon、Nikonの一眼レフカメラが有利です。

簡単に言えば、明るい場所での撮影はセンサーサイズが小さいカメラ、レンズのF値が大きい暗いレンズでも撮影はできますが、少し暗くなる時間、場所では、センサーサイズの大きいカメラ、レンズのF値が小さい明るいレンズが暗くなるほどに圧倒的に有利になっていきます。
一般的にフラッグシップカメラのAFの方が、速さ、正確さなどが上になります。

Canonで言えば

フルサイズ一眼レフカメラ
1DX>>5DMark4>>6D

APS-Cサイズの一眼レフカメラ
7DMark2>>80D>>8000D、X8i

APS-Cサイズのミラーレスカメラ(一眼レフカメラと違い、CanonのミラーレスカメラはAFの遅さが弱点と言われているので、動き物を撮ろうと思っている人にはオススメできません。EOS M5でだいぶ改善しましたが、それでも他のメーカーのミラーレスカメラより若干劣ります)
EOS M5>>EOS M3>>EOS M3

F値に関しては、センサーサイズの大きさによって同じF値でも明るさは違います。
話を簡単にするために、同じセンサーサイズ用のレンズを使用すると仮定すれば、このようになります。

明るい               暗い
F1.2>>F1.8>>F2.8>>F3.5>>4.0>>F5.6>>F6.3



体育館、暗い場所での撮影(ライブ撮影、夜間の撮影)
フルサイズ一眼レフカメラ+F2.8のレンズ

昼間の外での動き物の撮影(スポーツ、お祭りなど。)
APS-Cサイズの一眼レフカメラ+F4のレンズ
マイクロフォーサーズのカメラでも可(ただし、Canon、Nikonの一眼レフカメラの方が有利)

昼間の外での人物撮影、風景写真
APS-Cサイズのミラーレスカメラ(Canon)。
マイクロフォーサーズのミラーレスカメラ。


フルサイズ一眼レフカメラの欠点は、価格が高いことを除けば、大きい、重い所。
仕事で使う人以外は、普段の持ち歩く人はかなり珍しい部類に入ります。
アマチュアのカメラ好きがフルサイズ一眼レフカメラを持ち出すのは、旅行やイベント(運動会、スポーツ撮影、鳥の撮影、自衛隊の基地祭り)だけ、というのがほとんど。
その大きさ、重さからフルサイズ一眼レフカメラにもう1台、軽めのミラーレスカメラやAPS-Cサイズの一眼レフカメラを持っている人が多くなります。
カメラは持ち出さなければ撮影できないので、いくら画質の良いフルサイズカメラでも家に置いておくだけでは意味がありません。
その為、画質が良く、いつでも持ち運べる程度の大きさで、軽いマイクロフォーサーズのカメラはかなり需要があります(高級コンデジなども同じ需要)。 
非力な女性や、腰痛などに苦しむ男性なども、小さめのミラーレスカメラを好む傾向があります。

 フルサイズ一眼レフカメラ本体の重量

1DXMark2 1530g
5DMark4        890g
6D                  755g

APS-Cサイズの一眼レフカメラ本体の重量

7DMark2   910g
80D           730g
8000D       565g
x8i             555g

APS-Cサイズのミラーレスカメラ本体の重量

EOS M5    427g
EOS M3    366g
EOS M10  301g


OLYMPUS マイクロフォーサーズサイズのミラーレスカメラ本体の重量

PEN F         427g
PEN E-PL8    374g





目次にもどる



Canonのカメラやレンズで有名な大分県国東市のふるさと納税の景品を探す(楽天)

ふるさと納税で一眼レフカメラをが貰える自治体を探す(楽天)


カメラを手に入れたら、ふるさと納税で旅行も(笑)
ちょっとせこいですけど、貰えるものは貰っておかないと。
旅行券の他にも、サーティワンのアイス無料券とかもあります。

ふるさと納税で旅行、チケットなどを貰える自治体を探す(楽天) 

自転車を貰える自治体はこちらのページに移しました。

ふるさと納税でロードバイクが貰える自治体は?


 


楽天、ふるさと納税でもらえる商品(景品?)リスト





ここから下の記事は古い記事なので、読む必要はないかもしれません。

目次にもどる

■ふるさと納税サイト 高額返礼品は掲載せず(NHK)


注意

総務省からの通達で、ふるさと納税の高額の返礼品が規制されるせいか、カメラの返礼品が減っています。

欲しいものがあった場合は、早めに注文しないと商品がなくなるかもしれません。 

 



元の記事

そんなに給料がもらえるわけではないので、自分には関係ない話ですがふるさと納税サイトでカメラが貰える自治体を調べrてみました。

やはり多いのが大分県国東市。
ここにはCanonの工場があったはず。
多くの一眼レフカメラがお礼の品に入っています。
ただ、このサイトは検索しにくいので、検索漏れもあるはずですがカメラで検索してみました。

カメラで検索。

7DMark2や1DMark2、5Dmark3などのハイエンド機やフラッグシップ機もふるさと納税をするともらえるようになっています。
他にもミラーレスカメラもちらほら。

レンズ単体では貰えるレンズは少ないですがNikonのレンズが少数ですが入っています。

レンズで検索。
 
ついでに自転車も検索してみました。
やっぱりママチャリやミニベロが多いですが、寄付金が多くなるとロードバイクもちらほら。

自転車で検索。


ふるさと納税の額を計算するサイトは、こちらでどうぞ。
ふるさと納税の為の控除金額シミュレーター 


 でも、ふるさと納税で一眼レフカメラを貰えるぐらいの収入がある人は、フラッグシップ機ぐらい簡単に買えちゃいますからね。
貧乏人には意味のない制度かもしれません。
地方自治体の救済制度になれば、それでいいかもね。田舎は貧乏で困ってますから。


追記。2016.10

以前はかなりの数のカメラがありましたが、今は殆ど無いようです(レンズやコンデジがちらほら)
来年に期待しましょう。

追記 2016.10.13

これからはふるさと納税サイトで簡単に換金可能な高額返礼品を掲載しなくなる所も出てくるようです。
特に一眼レフカメラやデジカメは換金しやすい商品ですから、これから掲載されなくなるかも。

詳しくはNHKのサイトを見てください。
自治体が高額返礼品をやめるかどうかは疑問ですが、総務省や財務省あたりがうるさくなったら、やめるかもしれません。

ふるさと納税サイト 高額返礼品は掲載せず

NHKのサイトは消されやすいので、もし消されていたら画像で確認を。

14



追記2017年1月9日
総務省が換金性の高い電化製品などを取り扱わないように要請したとのニュースが又出ました。


2016年12月のふるさと納税件数が急増。さとふる4.2倍、楽天で3.5倍。


33


追記


総務省からのふるさと納税返礼品に対する通達。
うーん、ちょっと厳しすぎるような気がしますけど。 


ふるさと納税 カメラ返礼品(楽天)の状態。
かなり少なくっています。
これからカメラや家電の返礼品の数が増えるかどうかはわかりませんね。


群馬県昭和村でもふるさと納税の返礼品の見直しを行うようです。
ふるさと納税の返礼品でカメラやレンズを貰うのは難しくなりそうですね。



ふるさと納税の返礼品について

総務省からの通達を受け、6月より返礼品を見直します。

平成29年5月19日~31日にかけて、商品見直しのため、一時お申込みができない状態になりますので、ご了承をお願いします。


imgrc0071471389





 

 注意

2017年4月3日から大分県国東市のふるさと納税の返礼品が見直されて、4月中旬までデジタル一眼レフカメラの返礼品が注文できなくなりました(4月中旬になっても復活するかどうかはわかりません)

 

 





ふるさと納税で貰えるオススメのカメラやレンズ。Canon(大分県国東市)、オリンパス(長野県辰野市、長野県伊那市)がオススメです。
 

ふるさと納税の為の控除金額シミュレーター 

ふるさと納税で一眼レフカメラ、コンパクトデジカメをもらえる自治体を探す(楽天) 
ふるさと納税でデジカメの交換レンズをもらえる自治体を探す(楽天) 
Canonのカメラやレンズで有名な大分県国東市のふるさと納税の景品を探す(楽天) 

目次にもどる









ふるさと納税をして貰えるカメラの返礼品を探す(楽天)



このサイトは、Amazon、楽天、Google AdSenseの広告を使用しています。