最近、腱鞘炎になった腕が熱くなっていることに気がついたので氷水でアイシングするために、100円ショップのダイソーで氷嚢を買ってきました。

ジップロックに氷と水を入れたのも試してみましたが、腕に乗せるときに氷嚢に比べるとバランスが悪いので、一日で使うのをやめる。

ダイソーで買ってきた氷嚢。
柄が女性っぽい柄ですが、買いに行ったダイソーではこの柄しかなかった。
別のダイソーでは青っぽい柄物もあったので、そちらで買えばよかったかも。

P9220003
 
 で、買ってきた氷嚢に氷水を入れながら、思いついたのが食品用の保冷剤を氷嚢の中に入れれば、わざわざ氷を作らなくても良くない?って考え。

ところが、ダイソーで買ってきた氷嚢はかなり小さい。
保冷剤を入れるのは無理。
なので、ジップロックで試してみる。

ジップロックに保冷剤を入れて、氷嚢代わりにするとこんなふうになる。

P9220006
 
ダイソーで買ってきた氷嚢との比較。

P9220014
 
ジップロックの氷嚢の方は、底の部分が狭い為、腕に乗せたときにうまく乗らないので、常に手で抑えてやる必要がある。
氷嚢に氷水を入れた場合に比べて、水が冷えて使えるまで少し時間がかかる。
ジップロックに保冷剤を入れたほうが、結露した水滴が多いので、テーブルなどにおくと濡れる。
ダイソーの方は100円なのに水滴は付きにくい(まったくないわけではない)

大きい氷嚢なら、保冷剤をたくさん入れられそうなので、わざわざ冷蔵庫で氷を作らなくていいから便利かも。

Amazonでさがしてみたら、細い保冷剤って意外に売ってない?

店とかで見た記憶があるんだけど・・・・



当然ですが、保冷剤を氷嚢代わりにするのはおすすめできません。
あくまでも個人の責任でやってください。
専門家も保冷剤を使っちゃいけない、と言っています。




氷嚢はAmazonで


参考にしたサイト

 シップは冷やしたことにならない











テレビ、デジタルカメラ、ノートパソコン、掃除機などの電化製品が、こちらのサイトからふるさと納税をすると貰えます。(ふるなび)



寄付金額5000円以内でもらえるふるさと納税返礼品(楽天)

寄付金額1万円以内でもらえるふるさと納税返礼品(楽天)

寄付金額2万円以内でもらえるふるさと納税返礼品(楽天)



このサイトは、Amazon、楽天、Google AdSenseの広告を使用しています。

スポンサードリンク