よくある現象らしいですね
ネットで探してみると色々な解決法がでてきます。

うちの場合は、朝まで見れていたテレビをつけたらB-CASカードがテレビが認識できずにテレビが見れなくなりました。
以前もあったんですが、その時は電源コンセントを外して、一晩置いたら見れるようになりました。
今回も30分ほど電源コンセントを抜いて、様子を見てみました。
で、しばらくテレビが映ったんですが、また見れなくなる。

次に試したのがB-CASカードを抜いた状態で、電源コンセントを抜く。
これはテレビをリセット状態にする方法みたい。
こちらも30分ほど抜いて放置。 
で、テレビをつけてみるとテレビが映るようになりました。 

テレビがB-CASカードエラーから復帰して4時間程立ちますが、家族が普通にテレビを見ています。
まあ、解決ですね。

前回は、テレビを買った家電量販店に電話して、メーカーから修理のための人が来る日の朝にテレビが映るようになりました。
あわてて、テレビのメーカーに電話して、修理をキャンセル。
恥ずかしかった・・・・。

元はといえば、地上波やBS放送を見るためにB-CASカードが必要になる仕組みにしたテレビ業界が悪いんですよ。
アナログ時代と同じ様にしておけば、テレビがわざわざB-CASカードを読み取るための部品なんていらなかったんだから。
部品が無ければ故障やエラーなんて無いわけで。
テレビ業界のせいで、視聴者や家電メーカーが害をうけるなんて馬鹿らしい。

 
 







テレビ、デジタルカメラ、ノートパソコン、掃除機などの電化製品が、こちらのサイトからふるさと納税をすると貰えます。(ふるなび)



寄付金額5000円以内でもらえるふるさと納税返礼品(楽天)

寄付金額1万円以内でもらえるふるさと納税返礼品(楽天)

寄付金額2万円以内でもらえるふるさと納税返礼品(楽天)



このサイトは、Amazon、楽天、Google AdSenseの広告を使用しています。

スポンサードリンク