さすがに再生や復活は無理だろうね。
スマホでポチポチとタップして辞書登録をやり直すのは無理。
やりたくない。
まあ、PoBoXの辞書に沢山登録しなくちゃあいけないんだけど、今回はカメラ関係の登録だけ。

パソコンで辞書登録の単語を書いて、スマホのXperiaのPoBoXの辞書に登録するやり方。

まず、パソコンのメモ帳を開いて、単語を入力していく。
入力のやりかた。
よみ ここはTABキーを押して空白部分にする 単語 
これをくりかえす。

書き終わったら、メモ帳で保存する。
注意することは、メモ帳を保存する時に 

ファイル
名前をつけて保存を選択する前に、一番下の保存の左にある文字コードをUTF-8を選んで保存する事(自分はこれで失敗)

38


UFT-8を選ばないと、文字化けして登録されてしまう。


Screenshot_20161101-014607


テキストファイルにつける名前は決まっており、「JPNUserDict.txt」と名前をつけて保存(じゃないとPoBoXが読み込めない)

それをスマホ本体の内部ストレージに書き込む。
自分はDropboxにアップロードした後に、XperiaZ3 Compactにエクスポートした。
で、保存する場所は、内部ストレージのpobox→backupフォルダ。

無い場合

スマホの設定
ユーザー設定
言語と入力
PoBoX Plus(日本語)
辞書と学習
バックアップ

をクリックすると、JPNUserDict.txtファイルが作られる(同時にスマホにPoBoXフォルダも作成される)
pobox→backupフォルダにJPNUserDict.txtをエクスポート
自分がやった時は、上書きされず、JPNUserDict(1).txtで保存されてしまい、PoBoXで復元しても読み込まれなかった。
その場合は、pobox→backupフォルダに移動して、元のJPNUserDict.txtを削除して、JPNUserDict(1).txtの(1)の部分を消して名前の変更をする。


で、また

スマホの設定
ユーザー設定
言語と入力
PoBoX Plus(日本語)
辞書と学習
復元

でできるはず。

自分が失敗したのは

空白部分をTABキーで空けなかった。
メモ帳でデーターを保存する時にUFT-8で保存しなかった。
最初 Poboxフォルダが見つからず(JPNUserDict.txtをバックアップするとPoboxフォルダが作成された)
Instagram用のハッシュタグが長すぎて、保存されず(仕方がないので、スマホで手打ち)

これぐらいですね。


一番の失敗はスマホの初期化する時にPoBoXの辞書登録をバックアップしなった事ですけど(笑)