とりあえず

デジカメ、写真、自転車(MTB)、スマホ、自作パソコン、DQMSLの趣味系ブログです。

自転車

MTB用フロントサスペンションのリモートケーブルを短くカットした。

ブログが長くなってしまったので、最初にまとめておきます。


フロントサスペンションのリモートロックのケーブルを短くするには、

リモートケーブルのケーブル受けの横側にある小さな穴のネジをかなり緩める(ケーブル受けを外す必要は無いみたい。ケーブル受けを外すにはケーブル受けの上面の2本のネジを外す)。
やたら削れている穴の中に六角レンチをを入れてネジを緩めます(削れているのは、ねじを完全に外してしまい、ネジを再び取り付ける時に傷が付いた)


PA150010
PA150018


それをペンチかなんかで引っ張ってはずず(自分は手でやろうとしたのでケーブルが外れず面倒なことになった)

スイッチ側(ハンドルに付いているやるね)から、中のインナーワイヤーを引き出してやり、アウターケーブルを切断。

さらにインナーワイヤーも好きな長さにカット。

リモート受けのネジを緩めて、インナーワイヤーを限界まで突っ込む(自分の場合はケーブル受けから10cmくらい出した。多分長すぎると思う。運転中に足に引っかかりそう)。

突っ込んだ状態で今度は小さなネジを締め付けてやる。

リモートロックが効くかどうか試して、完成。

サスを固定すると、ケーブル受けの中の板が中央に引っ張られてサスを固定、サスを固定しないと、元の場所に戻ってフロントサスペンションが動くようになる仕組み。

終わり。





前々から気になっていたKUMAのフロントサスペンションのリモートケーブルの長さ。
ちょっと長すぎるだろう、と思っていたが、ケーブルの外し方がわからないので放置していた。
以前、フロントサスペンション本体についているリモートケーブルの受け側をはずしてみたことがあるが、その時はケーブルの外し方がわからず断念。

で、最近調べてみたらフロントサスペンションのリモートケーブルを外す方法はケーブル受けの脇の方についてる小さい穴の中にある小さなネジを緩めてやればケーブルが外れると書いてあった。
自転車用のワイヤーカッターを持っていないので、短くすることはできないが、ケーブルがはずせるかどうか、試してみることにした・・・・。

試しに自分のMTBに付いているSRサンツアーのフロントサスペンションのケーブル受けを見てみると、たしかに小さな穴が開いている。
そこに 2mmの六角レンチを入れて回してみると、ネジらしき手応え。
それを外せるほど回すが、ケーブルは外れない。

仕方がなくケーブル受けを外して再挑戦。
また小さなネジを緩めるが、ケーブルは一向に外れない(手で外そうとしたのが間違いだった)
色々、いじっていたらなんとフロントサスペンションのリモートロックが効かなくなってしまった。
フロントサスペンションを壊してしまった、と後悔したが、後悔しても始まらないので、作業を続行。

まずケーブル受けのネジを完全に外してみる(本当に小さなネジなので無くさないように注意。自分はネジを落としてしまい、地べたを這いずり回ってやっとネジを、見つけることができました。)
で、小さなネジを外して、ケーブルを手で引っ張るが外れない。

さらに色々いじっていると、ケーブル受けから出ていたケーブルがケーブル受けの中に引っ込んだ。
お、これは外せそう、と今度はペンチで引っ張る。
するとやっとケーブルが外せた。
で、今度はケーブルをケーブル受けに入れてみようとするが、ワイヤーの先端が開いてしまって、入れることができない。 
最初の方に書いてあるとおり、ケーブルカッターを持っていないので、どうにもできない。
仕方がないので、家になにかワイヤーを切れそうなものを探す。
アルミの板を切って、粗大ゴミに出すための大きめのハサミが物置にあった。

それでリモートケーブルのアウターケーブルを切れるかどうか、試してみると・・。
なんとか切れた。
今度は、中のワイヤーを切断してみると、こっちもなんとか切れた。
 リモートロックは使えなくなってしまったが、リモートケーブルだけは短くしておこう、とアウターケーブルとインナーワイヤーを短くカット。

で、ケーブル受けにワイヤーを入れるが、固定できない。
うーん、どうすれば良いのか?
また、小さなネジを限界まで緩めて、ワイヤーを突っ込んで、一番奥まで入れたら、今度は小さなネジを締めてやると固定できた。

で、フロントサスペンションのリモートロックのスイッチを入れると、中のスイッチが前後に動いた。
お、これはフロントサスペンションのリモートロック機能が治った、と喜び、まずリモートケーブル受けの方を自転車に固定。
試しにリモートロックのスイッチを使ってみると、サスが固定できず、上下に動く。
もう、めんどくさくなったので、そのままで良いや、とリモートロックのスイッチの方もハンドルに固定。
固定した後に、スイッチでフロントサスペンションを固定すると、ちゃんとサスペンションが固定できるようになった。
もしかして、ハンドルに固定しないと、フロントサスペンションのリモートロック機能が使えない?

これほど大事になるとは思わなかったので、写真を撮ってない。
勿体無いことをした。




これ、多分自転車屋に頼んだほうが早かったかも。
自分は、何もわからないので苦戦したが、プロなら20分もかからずできると思う(慣れた素人でもできるはず)
料金もそれ程かからないと思うし。
自分でヤるより先に自転車屋さんに聞いてみたほうが良いね。





自転車の鍵は、フレームバッグに入れて走るのがおすすめ。

自転車につける鍵ですが、走行中は邪魔なので今まではフロントバッグに入れていましたが、フロントバッグが邪魔なので取り外したので、フレームバッグに入れてみました。

DSC06122

 自転車のフレームにちょんと乗っているのがフレームバッグ。

P9020011

 
P9020001

これに自転車の鍵を入れる。
自転車の鍵の色が派手ですが、本格的な窃盗団には無理ですが、いたずら感覚で自転車泥棒するタイプを避けるには、一目で鍵が付いていることを知らせるように派手な色の鍵をつけるのが有効らしいです。
なので、黒ではなく黄色。
これならKUMAが黒系のカラーリングなので、ばっちり目立ちます。

P9030038
 
 鍵を体に巻き付けたり、自転車に巻きつけると、疲れたり、自転車が傷ついたりするのでオススメできません。
人通りが多い場所で駐車したり、長時間駐車 したりしないかぎり、重い鍵を使う必要はないので、この程度の鍵で十分です。

おまけ。

STYLUS SH-2で猫を撮って、トリミングして見ました。
やっぱりドロドロに溶けてしまってます。
最初の写真で24倍ズームで撮っています。

P9020015
 
拡大すると

鳥P9020015
 
久しぶりに秋保温泉に自転車で行った時の写真。
STYLUS SH-2で撮影。
明るいとそれなりに撮れますが、暗いとこだと一気にノイズが増えます。

P9030001
P9030028




今狙っているカメラは、PanasonicのTX1ですけど、まだまだ高すぎ。
DMC-TX1は1インチの大きめのセンサーに10倍ズーム、ポケットにギリギリ入る大きさと自転車で使うには理想的なスペックを持ったコンデジですが、値段が・・・。
他のメーカーから後追いで同じような機種が出ないのは、売れないからか、熊本の自身のせいでSONYのセンサー工場が被害を受けたせいか、どちらかはわかりませんが、他のメーカーも同じようなカメラを出してもらって、競争して値段を下げてほしい・・・・。

サブ系のカメラをTX1にまとめる予定ですが、随分先の事になりそうです。 

 

Amazon.co.jp: 自転車 鍵



mont-bellのフロントバッグをブルホーンハンドルで使う。

久しぶりのじてんしゃネタ。

何かを買ったわけでもなく、単にmont-bellのフロントバッグを今まではサドルバッグとして使っていたのを、本来の使い方のフロントバッグとして使っただけ。

DSC06122
 
で、何が問題かというと、今はブルホーンハンドルのフラット部分にブレーキレバーをつけているんですが、そこにmont-bellののフロントバッグを付けると凄いストレスを感じるようになる。
楽に走りたい時には、フラット部分を握りますが、当然フロントバッグに手が触れるわけで、何もない状態に比べると、イライラ・・・・。
ブレーキレバーが使えなくなるわけではないです。
普通に使えますが、イライラ。
まあ、失敗ですね。
mont-bellのフロントバッグ自体、幅の狭いフラットハンドルに向いてないかも。
幅の広いフラットハンドルを使うか、ドロップハンドルに使うのが向いている?

で、mont-bellのフロントバッグですが、元から付いているベルトではなく結束バンドで固定しています。
元から付いているバンドに比べると、揺れないし盗難防止にもなるしで、こっちのほうがオススメですが、中身は盗まれるかも。
自分の場合は、ツーリング中に買った食べ物入れなので、盗まれるものは入っていませんけど。


DSC06128
 
サドルバッグはTOPEAKのバッグ。
大きめだけど、もっと大きめのほうが色々入れられて便利。

 



風で飛ばされない自転車用の帽子(サイクルキャップ)を買いました。

今まで、サイクルキャップってヘルメットの下に被るものだと勘違いしてましたが、違うんですね。
サイクルキャップ単体でも、サイクリングで使えます。

古くから自転車に乗っている人には、当たり前かもしれませんが、自転車始めて5.6年たってないので知りませんでした。

よく考えれば、昔は自転車レースなのでは、ヘルメットを被っていなかったみたいので、サイクルキャップがヘルメットを使わずに被れるなんて当たり前ですね。

で、もうすぐ暑い夏なので、暑い日差しに備えてサイクルキャップを、買いました。
なんで、ヘルメットを使わないかというと昔、首を痛めたせいで、ヘルメットを被ると首を痛めそうだから・・・。
サイクリングでヘルメットを使ったことはないんですが、ガラス並みの脆さの首なので、試すのが怖いんです。

今まで夏はどうしてたかというと、土方の人が使うタオルでできた被り物を被ってました(繰り返しになりますが、サイクルキャップが風で飛ばないなんて知らなかった)

デポでサイクルキャップを見つけて、ネットで軽く調べた後に、店員さんに、聞いてみました。
「サイクルキャップってヘルメットを使わなくても風で飛ばされないんですか?」
店員さんの答えは、普通に被っていれば飛ばされることはほとんど無い。ただサイクルキャップのツバ部分を上向きに被ったら飛ばされることもある。

で、買ったのがシマノのサイクルキャップ。
値段が安かった(1620円)のと店に置いてある中ではデザインがマシだったから。
ネットで買えばもう少し安く変えるはすです。

サイクルキャップを被って土日に試して見たところ、下り坂で40kmを越えたことがなんどか有りましたが、全然風で飛ばされません‼!!!
超感動。

しかしサイクルキャップも自転車アイテムの性を越えられず、ダサいです。
デザインがダサいと言うより、サイクルキャップの形状その物がカッコ悪い。
サイクルキャップの形状は、サイクルウェアと考え方は一緒。
前からの風の抵抗を徹底的に減らす。
その為、サイクルウェアと同じく頭にピッタリした形になってます。
つばの部分を凄く小さいです。
まあ、だから顎紐が無くても風で飛ばされないんですけどね。
ただカッコ悪い物はカッコ悪い。
しかも、サイクルキャップに付いているベロがやたら長い。
書いてあるのは、madeinChinaの各国語訳です。
中国語と英語でええやん。
後で切っておこう。

サイクルキャップをAmazonで
サイクルキャップを楽天で選ぶ


2016-0528 -21-16-36
2016-0528 -21-16-54
2016-0528 -21-17-11

CC-MC200Wが抜群に使いやすい。

去年の年末に買ったCATEYEのワイヤレスサイクルコンピューターCC-MC200Wがすごく使いやすい。
やっぱり CC-MC200Wを選んで正解だった。
なにはなくとも常時現在時刻が表示されるのがありがたい。
自分は現在時刻の他に速度と走行距離を表示している。

鳥DSC02223
 

以前はボタンを押さないと現在時刻が見れなかったが、今はサイコンに目をやるだけで見れる。
サイクリング中は時間がわかりにくいがこの CC-MC200Wのおかげで常に正確な時間を知ることが出来る。
 通勤などで自転車を使う人はこれを使うと便利かもしれない。
スマホでも時間がわかるが、やはり時間を知るためだけにバッテリーを消耗するのは勿体ない。

ちなみにまだCC-MC200Wをマウントから外していません。
固くて壊れそうなので・・・。
どうしよう。


 



CC-MC200Wを楽天で探す

cateyeのワイヤレスのサイクルコンピュータ を探す







ふるさと納税をして貰えるカメラの返礼品を探す(楽天)



カスタム検索



ブログ更新告知用のアカウントになります。 返事やフォローはできません。 ご了承ください。
広告
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスカウンター





    記事検索
    トップページ