とりあえず

デジカメ、写真、自転車(MTB)、スマホ、自作パソコン、DQMSLの趣味系ブログです。

IT

解決済み。「セキュリティ上の問題が発生しました。ページを再読み込みしてください。」と出てGoogle Analyticsが使えなくなった。

今日の朝に、Google Analyticsにログインしようとしたら


02


セキュリティ上の問題が発生しました。ページを再読み込みしてください。
アカウントの認証情報を検証できません。アカウント情報を確認し、ログインし直してください。

と、ウインドウがでて、Google Analyticsが使えなくなった。

ログインしてください、と書いてあるからには、グーグルのアカウントにエラーが発生したのか?と考え、グーグルのアカウントをログアウトし、再度ログイン。
でも、駄目。

グーグル大先生に調べてもらうと、解決方法がいくつかあった(検索して上から順番に試しただけ)。

この2つのページの方法。タブを新規に開いてリロード(更新のことね)を繰り返す 。
何回やっても駄目。
タブを複製して、リロードしても駄目。

 Google Analytics:「セキュリティ上の問題が発生しました。ページを再読み込みしてください。」と表示された場合の対処法


で、さらに下にあったこのページで解決。

[Google Analytics]「セキュリティ上の問題が発生しました。ページを再読み込みしてください。 アカウントの認証情報を検証できません。アカウント情報を確認し、ログインし直してください。」の解決方法


方法と解決理由は、このブログの記事を読んで下さい(短いのですぐ読める上、わかりやすいです。

Google AnalyticsのURLパラメーターを削除してGoogle Analyticsにアクセスすると使えるようになりました。

https://analytics.google.com/analytics/web/

スマホからだと、直接URLを貼ってくりっくしても、アクセス出来ないので、もう一つ同じURLを埋め込んだ文字列を貼っておきます。

Google AnalyticsのUPLパラメーターを削除したURL

 

ライブドアブログの2種類のアクセスカウンターで使い分け。累計と日毎のPV数を表示させる。

今まで、ライブドアブログのアクセスカウンターはグラフ表示だけだと思ってた・・・。
仕方がなく、パソコンでの集計しかできない忍者カウンターを使ってたんですけど。

ブログ設定のアクセスカウンターの中で、アクセスカウンターを使い分けできるんだね・・・・
気づかなかったよ。

ユニークユーザー数の累計と、日別のユニークユーザー数のグラフを使い分けるとこんな感じの表示になる。
累計の文字の大きさをもっと大きくしたいけど、今日は遅いから良いや。
今までは累計の部分は忍者カウンターを使ってた。
56

 
ブログ設定のアクセスカウンターのパーツの設定画面。
累計の方のパーツ。
カウンター表示を選んで、好きなカウンターの画像を選ぶ。
桁数を入力して、保存。

35
 


日別のユニークユーザー数のグラフ。
こちらは、グラフ表示を選んで、表示日数を選択し保存。
色々変えられるみたいだけど、今回は無し。


59
 

これは2つともブログパーツの部分に入れてやればいいだけ。
忍者カウンターはライブドアブログの場合、パソコンとスマホ両方のカウントができないから、不便だな、と感じていたけど、実害は無いので放置してました。
正しいのはライブドアブログの累計数の方です。

 

YouTubeで見たくないチャンネルのサムネイル画像を消すChromeの拡張アドオンを入れてみた。


YouTubeで動画を見るときに、邪魔なチャンネルありますよね?
この拡張アドオン(プラウザ上で使えるアプリのようなものです)を入れると、サムネイル消す、見たくないチャネルを消せる、という事らしいので入れてみました。

まず、拡張アドオン「 Video Blocker」のページに行きます。

25






右上の緑色になっている部分のボタンをクリックすれば、Chromeに入れられる(スクリーンショットは入れた後なので緑色)


で、英語の説明文を日本語に翻訳。

 あなたが望む任意のチャンネルからYouTubeに迷惑な動画を非表示に!
ビデオブロッカーはあなたが好きではないのチャンネルからビデオを非表示にすることができます。
あなたは、YouTube上またはオプションのページを経由して手動で追加することで、動画へのリンクを右クリックしてこれらのチャネルを指定することができます。

また、ワイルドカードを使用するか、正規表現を追加することにより、一度に複数のチャネルからビデオを非表示にすることができます。
そのタイトルに特定のキーワードで動画をブロックすることも可能です!
まさにこれを行う方法の詳細については、この拡張機能をインストールした後の設定でのヘルプセクションをご覧ください。
あなたがブロックリストに追加するすべての項目は今もパスワードで保護することができます!

もしバグを見つけたり、この拡張子を持つ任意の他の問題がある場合は、このページの詳細タブでのサポートオプションを経由して私に連絡してください
。私はあなたに応答するための方法はありませんので、あなたがコメントを経由して問題を報告する場合はあなたを助けることは非常に困難です。

要はサムネイル画像の上で右クリックして、NGにしてやればいい、みたい。

サムネイルの上で右クリックすると赤いアイコンの所、

「Block videos from this channel」


と書いてある部分をクリックしてやれば、嫌いなチャンネルをNG(非表示)にできる。

34(2)
33


画像では小さいのでトリミングして拡大。


34(2)





家族が使っているテレビが、B-casカードを認識しなくなってテレビが見れなくなったのでその対策。

よくある現象らしいですね
ネットで探してみると色々な解決法がでてきます。

うちの場合は、朝まで見れていたテレビをつけたらB-CASカードがテレビが認識できずにテレビが見れなくなりました。
以前もあったんですが、その時は電源コンセントを外して、一晩置いたら見れるようになりました。
今回も30分ほど電源コンセントを抜いて、様子を見てみました。
で、しばらくテレビが映ったんですが、また見れなくなる。

次に試したのがB-CASカードを抜いた状態で、電源コンセントを抜く。
これはテレビをリセット状態にする方法みたい。
こちらも30分ほど抜いて放置。 
で、テレビをつけてみるとテレビが映るようになりました。 

テレビがB-CASカードエラーから復帰して4時間程立ちますが、家族が普通にテレビを見ています。
まあ、解決ですね。

前回は、テレビを買った家電量販店に電話して、メーカーから修理のための人が来る日の朝にテレビが映るようになりました。
あわてて、テレビのメーカーに電話して、修理をキャンセル。
恥ずかしかった・・・・。

元はといえば、地上波やBS放送を見るためにB-CASカードが必要になる仕組みにしたテレビ業界が悪いんですよ。
アナログ時代と同じ様にしておけば、テレビがわざわざB-CASカードを読み取るための部品なんていらなかったんだから。
部品が無ければ故障やエラーなんて無いわけで。
テレビ業界のせいで、視聴者や家電メーカーが害をうけるなんて馬鹿らしい。

 
 

邪魔なアダルト広告や不快な広告を少なくするために試してみたい事。自分の好きなジャンルの広告をクリックするべし。

スマホを使って、色々なサイトやブログを見ていると邪魔なのが広告。
その中でも、不快な広告の筆頭としては成人向けのアダルト広告。


ブログに広告を載せるのは自分もやっているので文句は付けられませんが、できるだけ不快な広告を少なくしたいもの。(ライブドアブログってスマホ用のブログは自分の広告以外にライブドアブログの広告も強制的に出てくるので、スマホで見ている人はこのブログは広告が多いと感じると思いますけど、こういう事情が有るのでお許し下さい)

で、不快な広告やアダルト広告(エロ広告)を少なくするための方法は、不快な広告以外をクリック。
自分の好きなジャンルの広告をクリックするのが一番ですが、無ければ嫌いじゃない広告をクリックしましょう。

インターネットの広告の中でもかなり多いのがターゲット型(リターゲティング広告)の広告。
これは、インターネットを見ている人が興味を示したジャンルの広告を配信するタイプ。
広告の目的は商品やサービスを買わせるためなので、みなさんが興味を示したジャンルを優先的に配信してきます。
興味を示さない広告を配信しても、広告を出す方は無駄でしかありませんからね(広告料はクリックした場合に支払われるタイプと、サイトに表示された場合に支払われるタイプがある)

ん、俺はエロ広告をクリックしてないぞ、という人も多いですよね。
でも、そういう人は広告自体をクリックしてない人が多いんですよ。
そのせいで、とりあえずアダルト広告を出しておこう、と広告エンジンは考えるわけ。
逆に、自分の好きなジャンルの広告をクリックしていると、アダルト広告は少なくなります。


まあ、サイトの広告にはアダルト広告を指定しているサイトも多いので、そういうサイトには意味がありません。
あと、一般向けの広告が載せられないサイトとかですね。
これらのサイトもアダルト広告やクリック単価の高い広告が出てきます。

試しに、不快じゃない広告をクリックしてみてください。
そのジャンルの広告が増えて、アダルト広告や嫌いな広告が少なくなりますから(無くなることは無いと思いますが)

あと、広告に(右上に多い)バツ印が付いている広告が配信を止めれらるタイプが多いです。
マウスポインターや、右上を長押ししてみると出てくることが多いです。
こんな感じ(これは広告の画像なので、クリックしても意味がないです)

45
36

Googleさんが配信している広告は止められる場合が多いですが、web広告を配信する企業はかなりあるので、全ての広告が配信停止できるわけでは無いです。
来年あたりからGoogleさんが、広告が多すぎるサイトや、誤クリックをさせる広告をのせるサイトの検索順位を下げるようなので、少しは見やすくなるとおもいますよ。



 
広告
アクセスカウンター
  • 累計:

アクセスカウンター





    記事検索
    トップページ